業務案内

ほ場整備

概要

ほ場整備とは、水田ほ場をはじめとする農地の区画形質を変更し、その他のほ場条件を総合的に再編整備することによって、農業生産性の向上を図り、併せて農業構造の改善を行うことを目的としており、「国営農地再編整備事業」などを通じて行われています。具体的には、不規則に存在するほ場区画を整形(区画整理)し、規模を拡大させると共に土層改良(客土、除礫)を行い、また農業用道路や農業用排水路、暗渠排水路などを一体的に整備します。


  • 写真 ほ場整備完了後の様子

水田ほ場における区画規模の変遷

営農作業が動力耕うん機への移行段階にあった昭和30(1955)年頃までの水田ほ場は、10~20a程度の区画が標準的でした。動力耕うん機が普及した昭和30年代後半以降には、機械化の進展による労働生産性の向上が重視されるようになり、当時の営農機械の作業効率や管理技術の水準、営農規模などの条件を踏まえて30a(30×100m)区画を標準規模と定め、ほ場整備が実施されてきました。

更に近年では、大型機械の導入による大規模経営の展開を踏まえ、50a~1ha以上の区画を標準規模としています。但し、北海道におけるほ場整備では、更なる大区画化を志向しており、整備後の区画規模を2~3ha程度としていますが、試験的施工として5~6haの水田ほ場も誕生しています。

事業効用

ほ場整備事業は、「食料自給率の向上」を実現するための「生産資源における最大限の活用」に沿う施策として、北海道をはじめとして全国で推進されています。また、ほ場整備の実施は、一般に以下の効用をもたらします。

(1)営農作業の効率化
  1. 不規則に存在したほ場区画を整形・拡大することにより、高性能な大型農業機械の導入と相まって、営農作業が効率化されます。
  2. 農業排水路や暗渠排水の整備により、水田ほ場を乾田化します。また、この乾田化に合わせて、水田直播や不耕起栽培などの技術を導入することにより、更なる営農作業の効率化を図ることが可能となります。
  3. 農業用排水路を管渠化した地区においては、除草など維持管理作業の省力化に寄与しています。
  4. これら営農作業の省力化と効率化により、更なる経営規模の拡大に対応することが可能となります。
(2)ほ場の汎用化

ほ場整備に伴う農業排水路や暗渠排水の整備により、ほ場は乾田化され、汎用化が実現します。汎用化された水田ほ場では、転換畑利用によって食料自給率の低い状態にある大豆や小麦などの戦略作物を、高品質かつ安定多収量で栽培することが可能となります。このことにより、食料自給率の向上に寄与することができます。

(3)非農用地の創出

ほ場整備における区画整理により、道路・学校・集会場・公園等の非農用地を創出することが出来るため、農村環境の改善と社会資本の整備を通じた地域の活性化が可能となります。

(4)耕作放棄地の抑制

ほ場整備により創出された優良農地では、効率的な営農作業を実現できるため、耕作放棄地の抑制が期待できます。

(5)地下水の涵養と洪水の防止

水田をはじめとするほ場が本来持っている、地下水の涵養機能や洪水の調整能力が強化され、国土保全機能が確保されます。

ほ場整備の設計例

当社では、平成21年度以降の毎年国営地区におけるほ場整備の測量・調査および設計の業務を担当した実績を有しており、図-1は国営K地区における一例です。四方を道道および市道に囲まれた殖民区画(545m×545m)内における62枚の水田ほ場(平均面積40a)を、ほ場整備の「区画整理工」によって、計5枚(平均面積5.0ha)のほ場に再編しました。また、併せて「支線道路工」「用水路工」「排水路工」「暗渠排水工」などを一体的に整備しました。

本業務では、先ず現地の横断測量および現況調査を行い、調査結果をもとにほ場整備の全体像を表す設計図面「計画平面図」を作成し、発注者をはじめ受益農家の皆さんや地元関係機関の担当者との協議打合せを繰り返し、最終的な設計図面を完成させました(図-2)。なお、設計図面は、図-2に示した計画平面図のほか、暗渠配線図や用排水路の縦断図、また各種施設の詳細図、ほ場外周の横断図など、計59枚作成しています。そして、設計図面を基に工事数量、概算工事費を算出し、業務報告書(設計・測量)を取りまとめ発注者に納品しました。この設計図を基に、今後工事が行われます。

  • 図-1 ほ場整備によるほ場区画の整形と拡大例(国営K地区)

  • 図-2 設計図面「計画平面図」(国営K地区)

小型空撮機による航測写真を用いた現地調査

現在、当社では国営F地区におけるほ場整備業務において、GPS機能搭載の小型空撮機により、低空(上空120m程度)からの精度な航空写真を撮影し、この成果により得られる現況施設群の正確な位置等について、現地調査作業を補足する形で活用し、施工時におけるトラブルの無い成果を提出するための取り組みとして試行しています。
 なお、小型空撮機の撮影は、旭川市内の測量・GIS専門会社((株)ネクシス光洋)の協力により行っております。

  • 小型空撮機(SCOUT Micro-UAV)1

  • 小型空撮機(SCOUT Micro-UAV)2