業務案内

BUSINESS

ホーム/業務案内
農業土木コンサルタントとは
業務案内
施工事例
技術発表

What is an agricultural civil engineering consultant?

農業土木コンサルタントとは

職業としての農業土木コンサルタントは、主に官公庁が発注する「農業を営む際に必要な諸施設」を構築するための「技術業務(=調査・測量・設計など)」を受注し、土木の専門知識を活用しながら、調査・企画・立案もしくは助言(コンサルティング)等のサービスを提供する専門技術者を指します。

開水路形式の用水路と転換畑ほ場

用水路パイプラインの空気弁室ステッキと水田ほ場

詳細を見る

WORKS

業務案内

水と土を相手に自然との共生を図りながら営まれている「農業」を支援するため、農業農村整備事業における調査及び設計を担う農業土木コンサルタント業務を行っています。

  • 農地にかんがい用水を供給するための、用水路の整備

  • 農地余剰水を排除するための、排水路の整備

  • 営農条件を改善するための、水田や畑の整備

  • 農産物等を運搬するための、農道の整備

  • 地域環境を改善するための、肥培施設の整備

農地再編

かんがい排水

肥培かんがい

農地保全

BIM/CIM

測量調査

監督支援

Construction Example

施工事例

農業土木施設は、特に冬季などにおいて過酷な環境下に晒される場合も少なくありませんが、次の更新時期までの間、少なくとも数十年に亘り、営農インフラとして安定的に供用させる必要があります。加えて、農業従事者の減少傾向が今後も続くと見込まれているため、昨今は、それら施設の維持管理における省力化が、設計上の重要な課題となっています。従って、農業施設は、その多くが比較的シンプルな構造を有していますが、堅牢で出来るだけ手の掛からないよう配慮したものにする必要があります。以下に、当社で実施設計を行った各種施設について、設計時の課題とその対応、施工後の供用状況について紹介します。

ほ場整備

H29設計 / R02施工

送水系パイプライン起点取付工

R01設計 / R02施工

配水系パイプライン取水口工

H29設計 / H30施工

支線排水路本体工

R01設計 / R02施工

切土法面保護工

H28設計 / H29施工

Technical Report

技術発表

当社では、技術力の研鑽と向上のため、所属協会や技術士会等の主催する講習会や現地研修会へ積極的に参加しています。以下、近年における当社技術職員が執筆した現地研修会の報告文を紹介します。

令和03(2021)年:現地研修会(前期)報告
平成28(2016)年:台湾視察研修報告 
平成27(2015)年:道南・後志管内現地研修会(前期)報告

また、設計業務の成果等について、所属協会誌に技術論文等を寄稿しています。以下、近年における当社技術職員が執筆した技術論文等を紹介します。

令和02(2020)年:報文集32号 牧草地域における区画整理設計
令和01(2019)年:報文集31号 区画整理基本設計事例の紹介
平成28(2016)年:技術協95号 区画整理設計等業務の手戻り作業に関する一考察
平成27(2015)年:報文集27号 区画整理設計実施事例の紹介
平成25(2014)年:報文集26号 ほ場設計における自律小型ヘリの利用

※現地研修会の報告文や技術論文等は、(一社)北海道土地改良設計技術協会が発行する技術誌等に掲載されたものです。